MENU

フェイスラインニキビの原因と治し方

フェイスラインニキビの原因は、肌奥に溜まったダメージ

Uゾーン・フェイスラインにニキビができてしまうのは、なぜでしょうか。

 

それは、肌の奥(真皮層)にダメージが蓄積されてしまったことが原因です。

 

溜まっていくダメージに対して肌の自己治癒が追いつかなくなると、
なかなか治らないUゾーン・フェイスラインニキビになってしまうのです。

 

 

フェイスラインニキビの治し方

そのため、Uゾーン・フェイスラインニキビの治し方は、

 

「顎ニキビ専用クリームで、肌の奥に溜まったダメージをリセットすること」

 

がもっとも効果的です。

 

浸透力にすぐれた顎ニキビ専用クリームなら、
肌の奥・真皮層にまでスス〜ッ・・・とうるおいを届けることができます。

 

保湿成分のはたらきで、溜まったダメージを回復できるので、
Uゾーン・フェイスラインニキビをスッキリ治すことが可能なのです!

 

 

 

そこで私は、この顎ニキビ専用クリームを使って、フェイスラインがサッパリ綺麗になりました!

 

 

 

↓↓↓Uゾーン・フェイスライン専用クリーム↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

Uゾーン・フェイスラインニキビの治し方

 

Uゾーン・フェイスラインニキビの治し方は、

 

正しいケア方法で洗顔をして、保湿をしっかりすることです。

 

もし赤くなって炎症を起こしているようなひどい状態であったとしても、
基本的なUゾーン・フェイスラインニキビの治し方は同じです。

 

治し方1:フェイスラインニキビ専用の洗顔料を使う

 

Uゾーン・フェイスラインにニキビができてしまったら、
洗浄力・殺菌作用の強すぎる洗顔料は、絶対に使ってはいけません。

 

肌に必要な皮脂や善玉菌を根こそぎ取り除いてしまうからです。

 

肌が乾燥すると、Uゾーン・フェイスラインニキビができやすくなるので、
オススメの治し方は、専用の洗顔料を使用することになります。

 

洗顔料をしっかり泡立て、指が肌に触れないよう洗顔します。
そして泡が残らないようしっかりすすぐことです。

 

肌の奥まで浸透するので、ダメージ肌によく効きます。

 

洗顔ケアこそが最短かつ効果の高い、
Uゾーン・フェイスラインニキビの治し方なのです。

 

 

治し方2:刺激しない

 

Uゾーン・フェイスラインニキビの治し方で重要なことは、
アクネ菌で炎症が起こって腫れ上がっている場合、刺激を与えないことです。

 

男性であれば髭剃りは肌を傷つけやすく、肌のバリア機能を低下させやすいので、
Uゾーン・フェイスラインニキビが治らない原因になってしまいます。

 

対策としては、アフターケアで肌にうるおいを与え、肌環境を整えることです。

 

いたずらに刺激してしまうとアクネ菌が増加する原因になるので、
Uゾーン・フェイスラインニキビを悪化させないよう努めなければなりません。

 

 

治し方3:生活習慣を整える

 

Uゾーン・フェイスラインニキビの原因として、
生活習慣の乱れがあります。

 

内臓の不調や、ストレスの増加、自律神経の乱れ等です。

 

内臓の不調については、水分摂取を心がけ、休肝日を必ず設け、
下痢や便秘にならないよう体調管理することです。

 

ストレスを取り除くには、発散するが一番の近道で、おすすめは運動です。
運動すれば心身ともにリラックスできます。

 

自律神経の乱れは生活リズムの崩れから起こる事が多いので、
その治し方としては、寝起きの時間を一定にすることです。

 

 

 

Uゾーン・フェイスラインニキビのケアコスメ・実力ランキング

 

実力ランキング・BEST4はコレ!

メルライン【MELLINE】

Uゾーン・フェイスラインニキビ専用の最強コスメ!

 

人気・知名度・売上ナンバー1のUゾーン・フェイスラインニキビ専用コスメ。

 

購入者の満足度、なんと91.3%!

 

 

「値段はちょっと高いけど、効果はバッチリだった・・・!」と大好評のアイテム。
180日間の返金保証制度付き!

 

 

>>メルライン【MELLINE】の詳細はコチラ<<

 

実力No.1のUゾーン・フェイスライン専用コスメ!

 

ルナメアAC

コスパならナンバー1!富士フイルムの自信作!

 

みんな知ってる、あの富士フイルムによる、
Uゾーン・フェイスラインニキビ専用の傑作コスメ。

 

格安なのに、効果はバツグン。コスパなら最強!

 

 

>>ルナメアACの詳細はコチラ<<

 

コスパNo.1!富士フイルムの傑作コスメ!

 

ビーグレン【b.glen】

鉄板のロングセラーコスメ!

 

満足度98.7%の定番ロングセラー!
ビーグレン【b.glen】のトライアルセットです。

 

365日間全額返金保証付き!

 

 

>>ビーグレン【b.glen】の詳細はコチラ<<

 

信頼のロングセラー!

 

Nov

色素沈着の跡に、集中美白ケア!

 

美白成分配合のトライアルキット。
集中毛穴ケアで、なめらか透明肌を目指したいアナタに。

 

@cosmeの口コミランキング第1位を獲得!

 

 

>>【Nov】の詳細はコチラ<<

 

色素沈着の跡が気になるアナタに!

 

 

 

Uゾーン・フェイスラインニキビの原因

Uゾーン・フェイスラインのニキビが治らない原因

 

こめかみ・頬・顎などのUゾーン・フェイスラインに、
ニキビが繰り返しできて治らない原因には、色々あります。

 

皮脂の過剰分泌、ホルモンバランス・ターンオーバーの乱れなどが、
主なUゾーン・フェイスラインニキビの原因になります。

 

原因1:ホルモンバランスの乱れ

Uゾーン・フェイスラインニキビの原因のひとつとして、
ホルモンバランスが安定していないことが挙げられます。

 

生理の影響

生理周期の影響によるホルモンバランスの乱れがあります。

 

女性の場合、生理前や生理中には、
ホルモンバランスが乱れがちになってしまうのです。

 

その影響でこの時期はオイリー肌になったり、吹き出物ができるので、
洗顔や保湿などキッチリしたスキンケアをしなくてはなりません。

 

お肌を清潔にしながら負担をかけないよう保湿を丁寧にするだけで、
グッとUゾーン・フェイスラインニキビを減らすことができます。

 

ストレスの影響

それ以外のケースでは、主にストレスがUゾーン・フェイスラインニキビの引き金です。

 

ストレスが増えてしまうと男性ホルモンの分泌量が高まり、
毛穴が塞がってしまうことでフェイスラインニキビの原因となるケースもあります。

 

ストレスは自律神経の乱れを引き起こすので、
男性ホルモンを大量に分泌することになり、皮脂の過剰分泌の原因になるのです。

 

男性ホルモンなので、「あくまでも男性ならではの原因」だと思われがちですが、
実はそうではありません。

 

女性にも卵巣からテストステロンや副腎皮質からアンドロゲンが分泌されますので、
分泌量が少なくても男性ホルモンが出ることがあります。

 

とくに慢性的なストレスや強いストレスを感じた時には、
男性ホルモンが過剰分泌しやすくなってしまいます。

 

そのため、日々の生活に運動や趣味など取り入れて、
適度なストレスの発散をしておくのが望ましいです。

 

原因2:皮脂の過剰分泌

ホルモンバランスが乱れると、皮脂が大量に分泌されてしまいます。
その皮脂が毛穴に詰まると、Uゾーン・フェイスラインニキビの原因になるのです。

 

たとえば、赤くなってしまったUゾーン・フェイスラインニキビの場合、
毛穴内部で炎症が起きていることを意味します。

 

炎症の主な原因は、毛穴が詰まってしまったことによるアクネ菌の増殖。

 

多くの人が悩んでいる、赤くなって痛い・かゆいUゾーン・フェイスラインのニキビは、
アクネ菌が毛穴内部で繁殖して、炎症を起こしている状態だったのです。

 

アクネ菌が暴れている状態なので、かなり痛く、かゆみがあります。

 

そして、炎症を起こして赤く腫れ上がっている厄介な状態なので、
簡単にはUゾーン・フェイスラインのニキビは治らないのです。

 

無意識のうちに掻いたり触ったりしてしまうと、血が出たりして、
Uゾーン・フェイスラインニキビが悪化する原因となってしまいます。

 

原因3:ターンオーバーの乱れ

お肌というのは、大きく分けると2つの層に分かれています。

 

真皮と表皮というもので、お肌の細胞は、
この真皮と表皮の境目にある基底層というところで生まれます。

 

細胞が生まれると、徐々に外に押し出されていき、
最終的には垢などとして肌の表面から剥がれ落ちていきます。

 

この細胞が生まれてから垢として剥がれ落ちる過程を「ターンオーバー」といい、
だいたい28日かけてこの過程をたどると言われています。

 

ただ、この細胞の生まれ変わりであるターンオーバーは、
年齢と共に徐々の遅くなっていきます。

 

その結果お肌の表面に本来垢として剥がれ落ちるはずの細胞が溜まり、
固くなってしまうという現象が起こります。

 

硬くなった細胞は毛穴の出口を塞いでしまいます。

 

その結果、毛穴の中に皮脂や汚れが閉じ込められ、
それがUゾーン・フェイスラインのニキビの原因となってしまうのです。

 

ターンオーバーが正常に行うことができないだけでも、
肌にはこのような影響が出てしまうことになります。